スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←6月第1週 →梅雨入りしたね~><。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 趣味
記事一覧  3kaku_s_L.png ママの気持ち
記事一覧  3kaku_s_L.png 毎日
記事一覧  3kaku_s_L.png お弁当
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

毎日

がんばりすぎた・・

 ←6月第1週 →梅雨入りしたね~><。
はい。

「がんばりすぎた・・」

とは、昨日のすぅちゃんの感想です

何を頑張りすぎたのかと言うと
昨日は
療育手帳申請のための発達テストを子ども家庭センターで受けたから
身体障がいの手帳を持っていることと
療育手帳が申請できるほどの発達障がいがない?(うすい?)とかで
これまでは何も欲張って2つも必要なかろうと見送ってきたのが・・
今回の学童クラブ入所に必要になったため慌てて申請(笑)

小一時間のウイスク(だっけ?もう忘れた・・)とかを受けて
キューブを組み立てて見本の図柄にしたり
1つの絵の中の違和感を見つける間違い探しみたいなのが
どーも苦手のようで
脳ダメージからの特性か右下はじっこあたりが認識不足(意識がいかない)
これは
小学校入学前に初めて受けた発達テストでも指摘されてた

本人ちょー全力で集中して受けたようで

『すぅちゃんがんばったか!?(ファイティングポーズ(笑)』の私の声に

私の顔を見るなり

「はぁ・・実力だしきった・・全力がんばりで疲れたぁ・・・」

ぐでぇ~と雪崩れ込んで座りヒザまくら

どんだけ頑張りすぎてんねん(爆)

がんばった甲斐あって?
判定はB2で軽度の療育手帳が交付されるそうです

『ぉお~♪そうですか!!軽度ですか!よかったぁ・・』

と、ドキドキの判定結果の感想を口にしたとき

「お母さん・・変わってますね B2判定で憤慨するお母さんが多いのに・・」

と・・何やらへんちくりんな顔された

『へ?軽度ってことは本人そんなにしんどくないってことですよね?
 自立していけるほどの力が学習や体験次第でついていくってことですよねぇ?
 ひどい言い方かもしれんけど・・ちょっとアホって程度ってことなのに
 なんでみなさん怒りはるんですか・・?(キョトン)』

大爆笑された

帰りにまいまいを駅でひろって大爆笑された話をすると

「ママ・・アホやろ・・
 等級が重いほど助成やら手厚いのが普通やろ?」

『そんなことワシかて知ってるわい!!ヽ(`Д´)ノウワァン 』

「ってことはやなぁ・・ぶっちゃけ小芝居さしてでもみんな重度判定欲しいわけよ
 まぁ・・基本的に知的な障がいを持つ子に小芝居うって担当官だませ!言うても無理でそんなことできるほど小ズルかったら知的障がいなんかないわな?

『あ・・そっか(微妙に納得・・)』

まいまいにまでためいきつかれた(爆)

ん・・助成などの恩恵にあずかりたいとすれば
確かにA判定の重度の認定はすごく手厚いなぁ・・(パンフレット見た)
言われてみれば・・
すぅのB2の軽度の認定なんてほとんどな~んも恩恵ない
そういえば・・
すぅの同級生の自閉症の女の子
どう見ても生活においてしんどいとこいっぱい持ってるのに軽度判定
ママいわく
3桁の掛け算とかスラスラできて積み重ねにおいての指針の部分が高いから
一部分やのに知能が高いと判定されんねんって言うてた・・。
生活面においてしんどさmaxでも
そういった高い知能を持つ自閉症の子どもたちってヘタすりゃ
手帳も交付してもらえれへんって言うてた・・。
でけへんフリせぇー言うてもそんなん理解してできる知恵なんかあらへんって。

そりゃそやわな・・。
そんなことできるぐらいなら手帳の申請なんかせんでもいいもんな!って
そんな話したことあったのを思い出したょ

でも個人的には
すぅちゃんは軽度の判定で何だかホッとしてる・・。
以前 卒業文集や毎日だされる日記に苦労していたときに
まどさんが教えてくれたように
積み重ねの学習や体験でまだまだ諦めずに進めることが証明されたわけで
まだまだ先に光があることがわかったような気がするから。
何より
判定グラフを示されて
高いところと低いところの幅が苦痛なほどにひらいていないことで
すぅちゃん自身の生きにくさの負担が軽いってことだからこれでいい

記号問題で
数字に記号がセットされた見本にそって模写して回答する問題で
2つのミスがあったようで
それを担当官が
「すぅちゃんココとココ間違ってるね~」と答え合わせをしたとき

「おーっ 2つしか間違ってなかったがんばれた~

と反応したようで

「お母さん明るくて前向きな素直ないいお子さんですね

と言ってくださった。

”2つ間違えた”と捉えるお子さんと
”2つしか間違えなかった”と捉えるお子さんとがいて
すぅちゃんのように後者で捉えることができるお子さんは心が楽にいける安心がありますって。

うちの場合は重複だからこそのんびり構えていられることだろうけど
知的に問題を抱える子どもが
一部分で突出してIQがうんぬんで判断されるんではなく
自分たち健常な人間と同じように生活する権利を持っているところで
どれだけその普通と言われる生活を送る上で
本人が生きにくいか、しんどいかを判断されることを願う。
円周率を延々先の方まで言えたとて
一人でお留守番ができなかったり一人でお家に帰ってこれない方が問題なんだから!!

なんか・・判定基準おかしいよね・・。
すぅちゃんが授からなかったら・・こんなこと思うことも
感じることも知ることもなかったんだろうな・・

スポンサーサイト


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 趣味
記事一覧  3kaku_s_L.png ママの気持ち
記事一覧  3kaku_s_L.png 毎日
記事一覧  3kaku_s_L.png お弁当

~ Comment ~

頑張り孫姫に安堵狸 

にゃん素晴らしでありませんか”鈴奈ちゃんなりに頑張り抜いて居るでないですか 大丈夫だよう
頑張りそれなりに自分で後者の捉え方より 本当に明るくて優しさがあふれている それは家庭の環境もあるだろうが すうちゃんはきっとやりとげる 何よりも明るさと心の優しさが十分にあるでありませんか こんなにだよう~~長い人生を生き続けた 狸が見つめる事に狂いはない。
今のそのような制度には分からないが 色々な体験の積み重ねで素晴らしくなるんだもの 狸爺は必ず鈴奈ちゃんが成長して行く姿がみつめたいが此処まで生き延びたんだし 絶対に大丈夫それだけは伝えておきたい。

こんにちは~ 

にゃぁんちゃんキレイなテンプだね。
す~っとするよ。
すうちゃんもにゃぁんちゃんもお疲れ様でした。
判定は軽かったんだね。
でもすうちゃんの頑張りに拍手^^
判定より頑張りだと思うよ。
これから何年かに1回申請があると思うけど楽な気持ちでいってね☆

☆狸じゃぃちゃ~ん 

狸じぃちゃんが
「すぅちゃんは絶対大丈夫!」っていつも言うてくれるから
ど~んとかまえて子育てしてます♪
支援学校中学部に進学してずいぶんとしっかりしたし
周りに同じように具合の悪い同級生がいることで
助け助けられと人を労わる気持ちもより強くなったように感じます(*´∇`*)
これまでのように助けてもらうばかりで頭を下げるばかりの学校環境から
自分にも助けてやれる何かがある!って環境に変わったことで
鈴奈自身の居場所や自我の確立、心の成長に大きく作用してるように感じ日々、先生方に感謝の毎日です♪

☆さおりん 

おはよ~♪(*´∇`*)

テンプ
夏らしくてなんとなく涼しげでしょ♪
プルメリアのお花も大好きだからいいの見つかったです(*´∇`*)

判定は結構がんばったみたい(笑)
グッタリしておりてきたヾ(@^▽^@)ノわはは
緊張とかはなかったみたいだけど
小学校でもみんなと同じように”テスト”は受けさせてもらえてなかったんだけど
テスト=頑張るもの って認識はあったみたいで
担当官からの「発達”テスト”するね~♪」のテストの言葉に反応したみたい(爆)
先生の話だと
基準年齢からのプラス・マイナス3歳ぐらいは正常範囲内ってことで
極端に3・4歳のとこもポツポツあるにはあるんだけど
それ以外がマイナス3の範囲前後やから深刻ではないらしい(*´∇`*)
脳みその状態(病態)から考えるとかなりがんばれてる方のようで一安心♪
次回の判定は高等部にあがっての16歳のお誕生日前に受けるそうで~す。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【6月第1週】へ
  • 【梅雨入りしたね~><。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。